ホームページをご覧下さりありがとうございます。
BALLET STUDIO COCOは現役バレエダンサーが講師の為、海外公演や地方公演などもあり休講になる、もしくは代講の先生になる時もあります。
毎週下記のinstagramを更新致しますので、必ずご覧になってからレッスンに来られるようにお願い致します。

講師

鈴木理央 (東京バレエ団)
3歳よりバレエを始める。 
渡辺郁子に師事。 
2009年 第1回多摩全国ジュニアバレエコンクール        総合第1位。文部科学大臣からも賞状を貰う。 
ボリショイ&ロシア国立バレエガラコンサートの日本公演にてフィナーレ作品でソリストを踊る。 
バーミンガムロイヤルバレエスクールの合同公演にて、 
パキータ(ソリスト、第2va) 
ラ、バヤデール(パダクション) 
ドン・キホーテ(キトリの友人) 
などを踊る。 
ボリショイ&ロシア国立バレエガラコンサート日本公演に2年連続出演。
フィナーレ作品にてソリストを踊る。
日本ジュニアバレエ、 
東京バレエ学校経て 
2015年東京バレエ団に入団。 
同年6月のラ、バヤデールで初舞台を踏む。 
その後、バレエ団のレパートリー作品を数々踊る。 
「ラ.シルフィード」「ラ.バヤデール」「ドン.キホーテ」「くるみ割り人形」「真夏の夜の夢」「エチュード」「ブルメイステル版 白鳥の湖」「パキータ」「エスメラルダ (4人のヴァリエーション)」「ザ カブキ」「海賊」など。
2017年4月パリ・オペラ座バレエ団の日本公演にて、「ラ、シルフィード」の妖精(エキストラ)に出演。 
2017年第32次海外公演、ドイツシュツットガルト公演出演。 
2018年 4月NHKバレエの饗宴出演(TV放送) 
2015年2018年世界バレエフェスティバル ドン・キホーテ全幕出演 (スカパー放送)
2018年10月 第33次海外公演、Royal opera house Muscat オマーン公演出演。
2019年 6月〜7月 ミラノ・スカラ座、ウィーン国立歌劇場、イタリア カラカラ劇場、ネルヴィ音楽祭、ポーランド ウッチ劇場、を回る東京バレエ団55周年海外公演に出演